Category: 未分類

子どもがいる女性は

合宿免許校への入校を、子どもがまだまだ小さいということであきらめてしまっている人もいるのではないでしょうか。しかし、いまは赤ちゃんがいても入校することが可能な合宿免許校もあります。

このような合宿免許校の場合には、母親が教習を受けているあいだ、子どもは自動車学校内に用意されている託児室に預け、面倒をみてもらうことができます。教習が終わったあとは宿泊施設で子どもと一緒に過ごすことが可能です。託児室があるだけでなく、自動車学校の近くにベビー用品や子供服のショップ、小児科の病院があるところ、アレルギー対応の食事を提供してくれるところもあります。

なお、子どもと一緒に行くことのできる合宿免許校では、受け入れてくれる子どもの年齢に制限が設けられていることがあります。たとえば、生後6ヶ月以上~5歳児までといった具合に決まっています。また、母親の年齢も35歳以下というように、参加資格が決まっていることもあります。そのほか、合宿免許は通学に比べて割安になるところが主なメリットのひとつですが、子どもと一緒に参加可能な合宿免許は、子どもの面倒をみてくれる環境が整えられているということで、そのぶん費用が高めになっています。そのため、入校の条件を満たしているか、予算に合っているかの確認が必要です。



勉強・運転が苦手な女性は

運転免許を取得するまでには、ただ教習を受けていれば卒業できるというわけではなく、仮免許学科試験や修了・卒業検定を突破しなければいけません。落ちてしまうと補習を受け、再試験を受けなければいけません。勉強や、とくに運転が苦手という女性は少なくないでしょうが、そのような人が安心して合宿免許校を卒業するのに役立つことはあるのでしょうか。

この点に関してですが、保証が用意されている合宿免許先を候補にするとよいでしょう。無保証の場合、補習や再試験を受けるためにお金がかかりますし、延びた分の宿泊費用がかかることもあります。余計なお金をかけたくないと思っている人にとって、試験に落ちてしまうことで別料金が発生するのは不安に感じるものです。保証があれば、卒業までの日数は多くなってしまいますが、別途お金がかかってしまうことはなく、安心です。

なお、入校先を決めるときには、保証内容に注目しましょう。追加での教習や試験、宿泊が無料になる回数・日数に上限が設定されていることがあります。1回だけ無料となっている場合には、2回目以降は実費を負担しなければいけません。また、上限がないような手厚い保証がある分、その分の料金が上乗せされていることがあります。保証と料金のバランスをみて、入校先を決めましょう。



女性の合宿免許先選び

2~3週間という短期間での卒業が可能な点に加えて、通学に比べて低料金で済むなどのメリットがあり、合宿免許校に入校して卒業するルートでの運転免許取得を目指す人が多くいます。合宿免許は自動車学校指定の宿泊施設に夜は泊まり、昼間は教習所で学科や技能教習を受ける形で卒業を目指します。卒業までのあいだには休みもあり、観光・レジャーなどを楽しむことも可能です。このような特徴のある合宿免許ですが、女性で合宿に参加したいとは思っているけれど、男性ばかりのなかに自分一人だけ女性がポツンといるような状態にならないか、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。この男性参加者ばかりというイメージがあり、合宿免許を半ばあきらめてしまっている人もいるでしょう。

しかし、いまは女性で合宿免許校に入校し、卒業している人も大勢います。現に、女性限定特典つきの合宿免許プランを用意している自動車学校も少なくありません。エステ、ネイル、スイーツバイキング、温泉、ホテルに勝るとも劣らないきれいな部屋など、女性向けのサービスを行なっているところもあります。女性限定でなくても、宿泊施設は男性と女性とで別々の建物になっていたり、同じ建物内でも別のフロア・階層になっていたりするところが多いです。

このようにいまは女性にとって安心で、快適な環境を整えてくれている合宿免許校は少なくありません。このサイトではほかにも、女性にとって安心な合宿免許校としてどのようなところがあるのかを取り上げていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。